世界で一台のお気に入りピアノを購入するために

もっとレッスンが楽しくなるピアノ購入ガイド » ピアノのキホンは種類を知ることから

ピアノのキホンは種類を知ることから

あなたの家にピッタリなピアノの種類はどれ?

グランドピアノ画像

ピアノの魅力は数え切れないほどありますが、楽器という視点で見ると、音を出すだけなら世界で一番簡単な楽器といっても問題ないはずです。

なにしろ、バイオリンのような音合わせも必要なく、フルートのように最初の音を出す練習を重ねる必要もなく、ギターのように難しい指の配置もなく、単純に「ド」の鍵盤を押せば「ド」の音がちゃんと出てくるのですから。

楽器としてはいたってシンプルなピアノですが、歴史は古く、世界最古のピアノは1720年に作られました。そして、現代でも様々な技術や素材と融合し、進化しています。これからピアノを習いはじめるのなら、どんなピアノを購入すべきか。まずはピアノの種類から学んでいきましょう。

グランドピアノ

コンサートホールなどで、プロの演奏家が使用するタイプのピアノです。大ホールにも負けないほど、大きく響く音が最大の魅力といえます。

水平に広がる形は伴奏や演奏会に適しており、奏者の視界を遮りません。さらに、大屋根を開閉することで、異なる音量の演奏が可能です。

サイズや技術力の分価格も高く、一般的な住居スペースに置くには、部屋のサイズの面からも、音の大きさの面からも難しいというデメリットがあります。

アップライトピアノ

狭い住宅事情に対応する形で広まったタイプのピアノです。

縦長の構造上、グランドピアノよりも設置スペースが少なくて済み、生産コストも相対的に低くなるため、手頃な価格で購入できます。初めてピアノを購入する人は、ほとんどがこのタイプを選びます。

音の大きさやタッチの重さでは、グランドピアノに劣りますが、メーカーごとの工夫により自分好みの音を表現できます。

電子ピアノ

デジタル技術が大幅に進み、最高クラスのアコースティックピアノ(グランドピアノやアップライトピアノのような従来型のピアノ)の音も再現できるような電子ピアノも登場しています。録音や伴奏に向いており、持ち運びも楽、そして圧倒的に安いというメリットがあります。

しかし、多くのピアニストや技術者が、電子ピアノを「ピアノ」とは見ていません。あくまで音を奏でる電子機器という認識です。きちんとしたピアノを習うならば、アコースティックピアノをおすすめします。

おすすめピアノメーカーがすぐ分かる!こだわり別ピアノメーカーサーチ