世界で一台のお気に入りピアノを購入するために

大きな音を響かせるグランドピアノ

ここでは、ピアノの知識の基本知識やグランドピアノについて特長などをまとめています。

グランドピアノの歴史

グランドピアノ画像ピアノというと、誰でも独特の流線型の形をしたグランドピアノを頭に思い浮かべるのではないでしょうか?

じつは最初に作られたピアノは四角い形をしていて、「スクエアーピアノ」と呼ばれていました。1710~1790年代のピアノはおもにこのスクエアーピアノが主流でしたが、すべてにおいて未完成と呼ばざるを得ない楽器だったといいます。

音量が出せず、連続して鍵盤を叩くことも難しく、音を伸ばすこともできませんでした。その後、長い歴史を経て改良を積み重ねて、現在よく目にすることのできるグランドピアノになっていきます。

形もそうですが、1番の改良点は響鳴板です。これは言わばピアノの心臓部となる所で、この形をブーツ型にしたことにより、低音と高音の伸びは比較にならないほど良くなり、ホールの隅々まで音が響くようになりました。

奥行きや大きさにも秘密があります。

弦が太く長いほど音は低くなり、細く短いほど高くなります。グランドピアノは、この奥行きが長くなるほど、弦も長くなり、響鳴板の面積もその分大きくなっていき、コンサートホールのような場所でも行き渡る音量を出しているのです。

ちなみに、本体の蓋を開けている場面をよく目にすると思いますが、あれは蓋を開けることにより、弦から出た音を遠くまで響かせるために開けているのです。

グランドピアノのメリットとデメリット

メリットをまとめると、

  • 広いホールの演奏にも対応できるほどの音量を出すことができる
  • 高い演奏技術に対応できる構造

反対にデメリットのほうは、

  • 本体が大きく弾く場所が限定されてしまう
  • 価格が高い
  • 鍵盤が重いので鍛錬が不可欠

こうして比べてみると、場所や鍵盤のタッチ感などのメリットが、そのままデメリットに繋がってくるように思います。どちらかというと上級者向けという印象を受けました。

価格の目安と選び方

価格にかんしては、少なく見積もっても軽く100万円を超えてしまいます。

グランドピアノ画像2グランドピアノを購入する最大のメリットはズバリ音量です。

しかも、最低でも奥行きが180cm以上の大きさがなければ理想的な音量を生み出せないうえに、グランドピアノのメリットである鍵盤のタッチ力も軽くなってきてしまうのです。

仮にその大きさのグランドピアノを置ける広さを確保できたとしても、その広さの分の防音設備もつける必要があり、自宅に置くにはコストの面において非常に不利だと言わざるを得ません。

それにメンテナンスの必要性もあります。グランドピアノは非常にデリケートな楽器で、定期的な調律が必要になってきます。

車と同じで、長年メンテナンスをしていないピアノには、多いときで10~20万程度のお金を支払う可能性のあることも覚えておきましょう。

おすすめピアノメーカーがすぐ分かる!こだわり別ピアノメーカーサーチ