世界で一台のお気に入りピアノを購入するために

もっとレッスンが楽しくなるピアノ購入ガイド » 定番から逸品まで!おすすめピアノメーカー・ブランドカタログ

定番から逸品まで!おすすめピアノメーカー・ブランドカタログ

有名どころから隠れた名品まで
ピアノのメーカー・ブランドまとめ

有名どころから隠れた名品まで、ピアノメーカーは実にさまざま。おすすめのピアノメーカー・ブランドを一挙に紹介します。

YAMAHA(ヤマハ)

明治・大正・昭和を通し、オルガン、ピアノ、ハーモニカなどを製造、戦後にはオートバイやエレクトーンなども開発・製造している、世界最大の楽器メーカーです。

価格 音色 タッチ デザイン
30~100万円 クリアで弾けるような音 軽め スタンダード&シンプル

KAWAI(カワイ)

カワイの創業者は元々ヤマハにいましたが、独立ののち、自身の会社でピアノを作るようになりました。日本における功績を称えられ、天皇陛下より藍綬褒章を受章しましたが、これは音楽業界で初めてのことであり、カワイの深い歴史がわかります。

価格 音色 タッチ デザイン
30~100万円 優しい音 ヤマハより少し重い スタンダード&シンプル

APOLLO(アポロ)

現在もピアノを製造している国内メーカー東洋ピアノのブランドです。アップライトピアノでありながら、グランドピアノのような、深く響く音色を生み出すことが特徴。独自の弱音装置により、お子さんでもワンタッチで弱音を施すことができます。

価格 音色 タッチ デザイン
50~100万円 グランドピアノ
のように響く
重め クラシカル&キュート

SCHWESTER(シュベスター)

手作りピアノの伝統を強く残している国産ピアノメーカーです。職人、技術者が部品ひとつひとつを手作業で作るため、量産販売はしていません。その代わり、世界でたったひとつしかないオリジナルピアノもオーダーが可能です。

価格 音色 タッチ デザイン
30~100万円 繊細で艶のある音 普通 クラシカル&ナチュラル

大橋ピアノ(オオハシピアノ)

「あくまで自分の理想とするピアノを作りたい」という想いで、天才ピアノ職人・大橋幡岩が、設計・自社製造したピアノです。生産台数が4639台と限られており、もし状態の良いものを見つけたら大変貴重です。深みのある音色が素晴らしいのも特徴です。

価格 音色 タッチ デザイン
80~150万円 深く響く重厚な音 重め クラシカル&シンプル

FRITZ KUHLA(フリッツクーラー)

東洋ピアノ製造が1960~70年代に出していたピアノブランドです。当時はピアノブームで、素材も技術も安定していた時代であったため、現在は中古でしか入手できませんが、とても品質の良いピアノが残っています。

価格 音色 タッチ デザイン
30~100万円 伸びが良く柔らかい音 普通・反応が早い クラシカル&キュート

Steinway&Sons(スタインウェイ&サンズ)

アメリカに拠点を置くピアノメーカーで、ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーと並び、世界のピアノメーカー御三家のひとつと言われています。1853年に設立されて以後、1世紀以上に渡ってさまざまなメーカーに模倣されるほど、最高品質のピアノを製造しています。

価格 音色 タッチ デザイン
250~500万円
※グランドピアノは600万円~
華やかできらびやかな音 重いが軽やか クラシカル&シンプル

PETROF(ペトロフ)

ペトロフのピアノは、お国柄による人件費の安さを反映させた価格が魅力です。手作りにこだわるため、丁寧に作られたピアノからは、懐かしさを感じさせるぬくもりのある音を奏で、人を魅了させます。

価格 音色 タッチ デザイン
50~150万円 ベルのような優しい音 しっかりとしたタッチ クラシカル&ナチュラル

まだまだあるピアノメーカー・ブランドリスト

各ページで説明したピアノメーカー・ブランドの他にも、中古市場には国産ピアノがまだまだたくさん出回っています。もう存在していない会社のものがほとんどですが、それぞれに個性があり、魅力的な音を奏でてくれます。

知名度があまりないため、価格もお手頃である場合がほとんど。ショールームなどで見かけた際には、試弾してみると、思いがけない出会いになるかもしれません。紹介するブランドは以下のものです。

  • アトラス
  • ディアパーソン
  • ローゼンクライツ(IKピアノ)
  • シルバースタイン(東洋楽器)
  • エルンストフォーマイア(スタインリッヒ)
  • 大成ピアノ
おすすめピアノメーカーがすぐ分かる!こだわり別ピアノメーカーサーチ