世界で一台のお気に入りピアノを購入するために

APOLLO
(アポロ)

こんな人におすすめ・アポロのピアノ

価格 音色 タッチ デザイン
50~100万円 グランドピアノ
のように響く
普通・レスポンスが良い クラシカル&キュート

APOLLO(アポロ)とは、東洋ピアノ製造株式会社のブランドピアノです。東洋ピアノ製造株式会社は、ヤマハ、カワイに勤めていた経験もある技術者石川隆己が、1933年に三葉楽器を創業、1948年に東洋ピアノ製造株式会社を設立し、今日まで続いている日本の老舗ピアノメーカーです。

生産規模は大手メーカーと比較すると小さいですが、その小回りを活かし、手作りピアノに注力し、独自の技術を持って生産しています。自社ブランドとしてAPOLLOピアノを製造しているほかにも、スタンウェイピアノの正規特約店として販売を行っています。

アポロの大きな特徴は、アップライトピアノでありながら、グランドピアノに近い音色を出せることです。アップライトピアノの中ではしっかりとしたタッチに分類され、グランドピアノが欲しいけれど、設置するスペースがないというご家庭にオススメです。

新品・中古の特徴

アポロピアノは、アップライトピアノなのにグランドピアノのような音を出せることから、商品ラインナップはグランドピアノよりも、アップライトピアノに重点を置いています。そのため、家に大きなグランドピアノを置くのが難しい人や、電子ピアノよりは本物のピアノがいいけれど、グランドピアノは手が出しにくいという人におすすめです。

また、ハローキティやマイメロディといったキャラクターとコラボしているサンリオシリーズや、優美な外観が特徴の「プリンセスハウス」のデザイナーとコラボしているプリンセスシリーズも用意されています。

新品の価格帯は70万円台~150万円ほど、中古の価格帯は20万円台~90万円台ほどです。

音色の面でいうと、大手メーカーにも引けを取らない豊かな音色です。艶があり、ボリューム感も十分にあるため、ブラームスやシューベルトのようなロマン派の曲がよく合うという意見もあります。タッチも自然で、くせがありません。

このメーカー・ブランドのピアノを購入した人の声

  • 「アポロのアップライトピアノを30年ほど弾いています。現在も現役で毎日弾いています。音色は華のある大人っぽいピアノだと思います。ヤマハやカワイは色んなところで聞きますが、それ以外のメーカーのピアノが身近にあることで、ピアノの多様性を知ることができました」
  • 「中古で、アポロAS300・1987年製を購入しました。低音がとても重厚に響き、その音色がとても良かったので買いました。倉庫から店頭に出たばかりのピアノだったので、巡り合いのようなものを感じています」
  • 「今まで電子ピアノを使って娘に練習をさせていたのですが、これでは指も耳も育たないと先生に指摘され、本格的なピアノを探してたどりついたのがアポロピアノでした。中古で家計に優しい値段だったのですが、深い音とクラシカルなデザインが素晴らしくて、価格以上の買い物ができたと思っています」
おすすめピアノメーカーがすぐ分かる!こだわり別ピアノメーカーサーチ