世界で一台のお気に入りピアノを購入するために

FRITZ KUHLA(フリッツクーラー)

こんな人におすすめ・フリッツクーラーのピアノ

価格 音色 タッチ デザイン
30~100万円 伸びが良く柔らかい音 普通・反応が早い クラシカル&キュート

フリッツクーラーは、日本で三番目に大きなピアノメーカーである東洋ピアノの高級機種として販売されたピアノブランドです。東洋ピアノは現在、主力ブランドとしてアポロピアノを出していますが、1960年代~70年代にかけては、フリッツクーラーも製造しており、とても人気の機種でした。

1960年代~70年代にかけては、日本中がピアノブーム。国内のピアノメーカーがいくつもあり、隆盛していました。景気が良かったため素材も厳選され、技術や品質も高い状態で、作られるピアノは安定していたといわれています。最近の量産販売されているグランドピアノよりも、この年代の中古アップライトピアノの方が、良い音色であることも少なくないようです。

今は生産中止となっていますが、東京芸大や武蔵野音大の指定楽器だったこともあり、品質は折り紙つきです。ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーにも劣らない名器という評価もあります。

新品・中古の特徴

現在、フリッツクーラーというブランドは生産されていないため、入手するためには中古という選択肢しかありません。品質が良いにもかかわらず、ヤマハやカワイといった大手メーカーに比べると知名度がなく、ブランド人気も低いため、買い取り価格はほぼゼロ。その代わり、中古市場に出てくる時も、品質に比べてお手頃な価格で手に入れることができます。価格は、中古でおよそ35~80万円程度です。

アップライトピアノでありながら、グランドピアノと遜色のない迫力や、広がりのある響きが持ち味です。使われている材料が、本来ならば上位器種のグランドピアノでしか使用されない贅沢もので構成されているのも大きな特徴です。

職人がひとつひとつの部品から丁寧に作り上げているため、調律や管理をしっかり行っていれば、100年以上弾き込んでも問題なく使えるといわれています。

ピアノを習い始めたけれど、あまり大きな金額は出せないという人や、グランドピアノは住居スペース的に置くのが難しいという人におすすめのピアノです。

このメーカー・ブランドのピアノを購入した人の声

  • 「昭和39年レスターピアノ製造のフリッツクーラーというアップライトピアノは、45年以上我が家にあります。いまだによく響く良い音を出してくれます。このピアノのおかげで、ヤマハや、スタンウェイの小さめのグランドピアノを弾いてみても、良い音だと思えません」
  • 「普段使っていたヤマハとは違う傾向の音が欲しくなり、フリッツクーラーを購入しました。特に低音が重厚です。前の蓋をすべて外し、マイクを上手い具合にセッティングすると、グランドピアノのような音が録音できました。しかしながら、タッチが鈍いのが難点。早いフレーズや細かい表現が難しく、大味になってしまいました」
  • 「3歳でピアノを始めた娘のため、ピアノを買うことにしました。フリッツクーラーは楽器店の工房で出会いました。グランドピアノにも引けを取らない、良く響く綺麗な音色です。職人さんからピアノの状態などを聞いた上で、予算内だったため即決しました。国内産のエゾマツが響板に使われていて、アップライトとは思えない音色です」
おすすめピアノメーカーがすぐ分かる!こだわり別ピアノメーカーサーチ