世界で一台のお気に入りピアノを購入するために

SCHWESTER(シュベスター)

こんな人におすすめ・シュベスターのピアノ

価格 音色 タッチ デザイン
30~100万円 繊細で艶のある音 普通 クラシカル&ナチュラル

シュベスターピアノは、1929年に創業された日本のピアノメーカーです。現存する日本のメーカーとしてはヤマハ・カワイに次ぐ3番目に古い歴史を持っています。すべてを職人による手作りで行うことにこだわっているため、生産台数は少なく、受注生産の形をとっています。しかし、そのこだわりをいかんなく発揮しており、伐採制限のある貴重な北海道産エゾマツや、外装に天然無垢のカバ材を使用するなど、高品質で表現力豊かな音色を奏でるピアノとなっています。

工場に5,6人しかいないという職人の技術や音色は、ヨーロッパピアノの伝統をしっかりと受け継いでいます。そのため、工場ではスタンウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン……などなど、欧米の歴史ある古いピアノの修理も数多く引き受けています。

新品・中古の特徴

シュベスターのピアノは、職人によるすべて手作りの部品によって作られています。大手メーカーが次々と新素材を投入していく時代のなかで、全部品を木材で構成しています。そのため、新品は量産販売ではなく、受注生産のみとなっています。

また、元々はベーゼンドルファーをモデルに設計されていましたが、長い年月をかけて改良を重ね、特徴のある音色となっています。

音色は一般的に柔らかく暖かいものですが、タッチが重めです。低音は純粋で力強く伸びやか、注音は弦楽器のような響きを持ち、次中音から高音は非常に透明といわれています。華麗な音質と豊かな音の伸び、そして演奏者によって変化する音色の幅広さは、多くの人に支持されています。

弦の張りも、他のメーカーより弱めに張られています。これが豊かな音色に一役買うだけでなく、本体に負担をかかりにくくします。そのため、長期にわたってその音色の美しさを保持できるというメリットがあります。

また、シュベスターは手作りで生産されるため、弾き手の好みに合わせて製作する特別注文も可能です。

新品はアップライトでおよそ70~100万円後半、グランドピアノは120~300万円台。中古はアップライトが50万~となっています。

新品は受注生産、なおかつ中古は市場に出ることが珍しいため、人とは違ったピアノを持ちたいという人や、ヤマハなどの大手メーカーの音色がどうもしっくりこない人、こだわりを持ってオンリーワンのピアノを注文したい人におすすめです。

このメーカー・ブランドのピアノを購入した人の声

  • 「娘たち用に中古ピアノを探していると、シュベスターピアノに出会いました。私は素人ですが、他のピアノとは違うとても優しい響きにうっとりしてしまい、夫や家族を説得して購入を決定しました。種類は木目の54号です。このピアノが家に来て一番喜んでいるのは、娘ではなく私です」
  • 「輸入ピアノと中古ピアノを取り扱うお店で、『日本製ならシュベスターがおすすめです』と言われ、その時に初めて存在を知りました。調べていくうちにその魅力にはまり、購入。30年以上経過しているピアノですが、メンテナンスもちゃんとしてあり、美しいです。ずっと大切に使うつもりです」
  • 「30年ほど前に製造された53号を所有しています。色々なお店で、様々なメーカーのピアノを試弾しました。その時はシュベスターについて知りませんでしたが、弾いてみてその音色に夢中になりました。店頭で2時間ほど弾きつづけ、今買わないと後悔する気がして、即決してしまいました。楽器の出会いは本当にあるんだなと感じました。出会えてよかったと思えるピアノです」
おすすめピアノメーカーがすぐ分かる!こだわり別ピアノメーカーサーチ